TABER摩耗試験

摩耗輪(TABER) 【Daitron EC-SHOP】テーパー摩耗輪 テーバー(TABER)磨耗輪【Daitron EC-SHOP】 TABER摩耗試験機

ロータリー摩耗試験

概要

TABER社のロータリー摩耗試験機は、TABER摩耗試験機あるいはロータリープラットフォーム試験機と呼ばれています。1930年代に発表され、摩滅のテストの為に開発されました。年単位を要していたそれまでのテストと比較して、数分で信頼性のある結果が得られることから、この試験機は摩耗特性を評価する世界標準となりました。

それを発端に、テーバー摩耗試験機は品質やプロセスの管理、調査や開発、素材の評価などに使われてきました。広範囲に渡る試験に使用されることにより、プラスチックやコーティング、皮や紙、セラミックなど、多くの素材のスタンダードとして活用されています。

試験の方法

特徴的な摩耗の動きは、標本に対し回転する2つの摩耗輪が接することによって生み出されます。ターンテーブルが回転するとともに、摩耗輪が標本に接した状態で水平軸を中心に回転することにより、標本と摩耗輪が逆方向に進みます。

テスト中はバキュームシステムでくずを除去しながら、片方の摩耗輪は標本を外側に向かって、もう一方の摩耗輪は中心に向かって擦ります。摩耗輪は試料の表面を完全な円を描いて動き、あらゆる角度から素材の織りや粒子と摩耗耐性との関連を明らかにします。

水平摩耗試験

概要

TABER社では水平の線形運動による摩耗試験機2種類と多様な研磨材やアタッチメントを用意しています。

リニア摩耗試験機は、成形されたものの表面や平らなものの表面をテストするために開発され、最終製品の評価を理想的なものにしました。水平運動を行うシャフトはフロート(浮動)構造を採用し、製品の輪郭に添って上下動することにより、あらゆる形状に対応します。

往復摩耗試験機は、ISO1518に起用された試験機具で、平坦な試料の試験に最適で、摩滅や摩耗、ひっかき、傷、擦れなどあらゆる損傷への耐性を測定することができます。さらには2本の水平アームを追加することが可能で、最大で3件の試験を同時に行うことができます。

試験の方法

リニア摩耗試験機にはフリーフローティングシステムを備えた精密なベアリングシャフトが取り付けられており、あらゆる形状にも追従できるよう上下して、目的の領域を研磨します。

往復摩耗試験機には高さ調節の可能なアームが装備され、カウンターウェイトで正確なテスト荷重のセットアップが可能です。スライドする試料プラットフォームが水平方向の往復運動をします。

ヘビーデューティー摩耗試験

概要

ヘビーデューティー摩耗試験機は、直径16mmのスプラインシャフトと高出力のトルクモーターにより、最大で4,550gまで負荷を与えることが可能になりました。頑丈で耐久性のある製品の耐摩耗性を測定するのに使用されます。

直径2インチ(50.8mm)のユニバーサルアタッチメントとスコッチブライトを用いて、例えば焦げ付かないコーティングを施した調理器具などをごしごしこすって摩耗耐性を測定するのに使われています。また、オプションのアタッチメントを使うと、ひっかきや傷つきなどのダメージへの耐性も測定することができます。

試験の方法

ヘビーデューティー試験機にはフリーフローティングシステムを備えた精密なベアリングシャフトが取り付けられており、あらゆる形状にも追従できるよう上下して、目的の領域を研磨します。

高トルクモーターを備えたこのヘビーデューティー摩耗試験機は、最大20ポンドの試験負荷に対応できます。さらにはオプションの2つ目のテストアームキットを追加して、2つのテストを同時に実行することもできます。

クロックメーター

概要

クロックメーターは布地やカーペット、糸、皮革などの繊維素材から摩擦によって他の試料に移る色の量を迅速かつ正確に測定する為に活用される摩耗試験です。試料の材質に関係なく、湿式・乾式いずれの試験にも対応が可能です。

また、プリンタや複写機で作成されたイメージの、しみや汚れに対する耐性を測るのにも使われています。 さらには、塗装やコーティングにおいても、摩擦や引きずり、傷つけなどによる光沢の変化を評価する際に役に立ちます。

試験の方法

もともと人間の指と前腕の動作をシミュレートするように設計されたクロックメーターは、標準的な圧力とこすり動作を使用して、信頼性と再現性のあるテスト結果を提供します。

こすり動作は、クロッキングクロスを巻きつけた直径16mmのアクリル製の「フィンガー」によって提供され、クランクが完全に1回転するたびに、前後に直線的に動きます。往復ロードアームは、サンプルに常に一定の負荷を与えるように重み付けされており、機械式カウンターが完了したサイクルを追跡します。

振動摩耗試験機

概要

振動摩耗試験機は、「振動砂試験機」として最もよく知られています。ASTM F735 (振動砂法を使用した透明プラスチックおよびコーティングの耐摩耗性に関する標準試験方法) に記載されている振動砂試験機は、表面の摩耗および/または傷に対する材料の相対的な耐摩耗性を測定するために使用されます。

主な用途は、窓やレンズに使用される透明な材料とコーティングですが、有機塗料とコーティング、プラスチック、金属、その他の材料の評価にも使用できます。

試験の方法

トレイを石英シリカまたはアルミナなどの標準化された研磨媒体で均一な深さまで満たし、前後に往復運動させ、研磨媒体の全質量をトレイ内で大きく移動させます。研磨材の振動運動により、通常の日常の摩耗をシミュレートするランダムなパターンの傷が生じます。

別売のカスタム試料ホルダーを使用すると、さまざまな形状の材料を試験することができます。例えば輪郭のあるレンズでBayer摩耗試験を実施することもできます。この設定には、比較目的で対照レンズに対して試験片をテストすることが含まれます。

落砂試験機

概要

落砂試験は、金属やガラス板のような平らで堅い表面のコーティングを評価するのに70年以上も前から使われてきました。国際的にもASTM D968の試験標準に認証されており、この装置は塗装やニス、ラッカーなどのコーティングのテストにおいて、一般的に使われています。コーティングを剥ぎはぎ落すのに要した研磨砂の量によって摩耗耐性を測定します。

ASTM D968およびその他の国際的に認められた試験規格に記載されている設計に基づいて、落下砂摩耗試験機は、60°のテーパー漏斗を含む直径8インチの砂貯留槽で構成されています。

試験の方法

貯蔵部に置かれた標準の研磨材の粒は、放たれるとチューブの中をまっすぐスムーズに進み、チューブ下に45°に設置された標本に当たります。頑丈なベース部分とサポートシステムは装置を垂直に保持します。標本の用意機には研磨材を集める為の口が設けられています。

通常オタワサンドと呼ばれる天然のシリカサンドと、シリコーンカーバイドの砂が、落砂試験用の標準的な研磨材として用意されています。シリカサンドは丸く形作られ、シリコーンカーバイドに比べ摩耗性能はゆっくりと形成されていきます。

帯紐摩耗試験機

概要

安全ベルトや固定用ハーネス、ヘルメットのあごひも、荷物の梱包などに使われる繊維製の帯紐は、長さの調整などで時間と共にダメージが生じます。この帯紐試験機はそのダメージに対する耐性を測定するのに使用されます。試験機及び同梱された補助ウェイトにより、ASTM D6770に沿って13,500N以上の引張強度をテストできるようになっています。

この機器でテストできるのは、ナイロン、ポリエステル、皮革、ポリマー、およびその他の柔軟なシート材料です。

試験の方法

試料の末端におもりを装着し、六角摩擦バーと呼ばれるスチール製の六角形の棒によって一方向で水平に摩擦を与えます。 明示されたテストサイクルが終わると、強度が維持できている割合を算出します。 摩耗試験を受けていない標本と比較すれば、その素材がいかに摩擦に強いかを知る事ができます。

六角摩耗バーは12インチ(約305mm)あり、同時に3本の標本をテストすることができます。 つまみねじによって、六角摩耗バーを素早く交換することができます。 標本ローラーは摩耗バーに対して標本を85±2度の角度を確保しています。 固定金具は右側にも左側にも標本を装着することができます。

摩耗試験に関するJIS規定

JIS規格番号 対象素材 内容
A1453 建築資材 建築材料及び建築構成部分に関する摩耗試験
E3023 絶縁材料 バルカナイズドファイバ材の耐摩耗性試験
H8503 金属コーティング めっき塗装の耐摩耗性試験
H8603 アルミニウム アルミニウム被膜の耐摩耗性試験
K5600-5-8 塗膜 塗料・ワニスの耐摩耗性試験(研磨紙)
K5600-5-9 塗膜 塗料・ワニスの耐摩耗性試験(摩耗輪)
K5665 塗料 路面用塗料の耐摩耗性試験
K6264 ゴム 加硫ゴムの耐摩耗性試験
K6404 ゴム引布 ゴム複合シートの耐摩耗性試験
K6735 プラスチック プラスチック板のヘーズ(雲価)評価
K6902 熱硬化性化粧板 メタリック塗装の耐摩耗性試験
K7204 プラスチック プラスチックの耐摩耗性試験
K7312 エラストマー ポリウレタン成形物の耐摩耗性試験
L1087 フェルト 羊毛フェルトの耐摩耗性試験
L1096 織物 織物・編物生地の耐摩耗性試験
L1912 医療用不織布 医療用不織布の耐摩耗性試験
L1913 一般不織布 一般不織布の耐摩耗性試験
R3221 光学ガラス 薄膜付きガラスの耐摩耗性試験
R3221 自動車用ガラス ガラスの耐摩耗性試験/ヘーズ(雲価)評価

摩耗輪のリフェーシングと交換時期

摩耗輪 リフェーシング 交換時期
CS-0/S-32 アルコール洗浄 2年
CS-5 S-12ブラッシング 3年
CS-8 S-11 DISC 直径44.4mm以下/2年
CS-10 S-11 DISC 直径44.4mm以下/4年
CS-10F ST-11 STONE 直径44.4mm以下/2年
CS-10P S-11 DISC 直径44.4mm以下/4年
CS-10W S-11 DISC 直径44.4mm以下/4年
H-10 Wheel Refacer 直径44.4mm以下
H-18 Wheel Refacer 直径44.4mm以下
H-22 Wheel Refacer 直径44.4mm以下
H-38 Wheel Refacer/Multipoint Tool 直径44.4mm以下
S-24 アルコール洗浄
S-35 溶剤での洗浄/ブラッシング
S-39 46mm以下/3年

摩耗試験機の校正と修理

TABER社では、装置が正常に動作するようにメンテナンスプログラムを実行し、定期的に校正を行うことを推奨しています。校正の頻度は装置の使用頻度や経験、実験室の技量の度合に基づき、 品質管理手順に盛り込まれるべきだと考えています。

欧州議会の有害物質制限 (RoHS) 指令 2002/95/EC および指令 2011/65/EU (RoHS-2) は、特定の有害物質が 7 月 1 日以降、電気および電子製品に定義されたレベルを超えて存在してはならないことを規定しています。

TABER社では、使用中の可能性のある免除された材料を置き換える実行可能な代替品のテストを続けています。代替材料を特定できず、現在免除 7(a) または 7(c)-I を使用している材料の適切な代替品として認定できない場合、第5条および付属書V で定義されている免除を更新するための申請書を準備して提出します。

米国に発送する前に事前登録が必要になります。事前登録を行わずに商品を米国に発送しますと、調査費用などを請求される場合がありますのでご注意ください。

ヒューズの破損など軽度の要因である場合、試験機を米国に送ることなく、事前登録の段階で修理する方法をご提案させて頂ける場合もあります。下の用紙に記入してご購入窓口にお申し込み下さい。

⇒サービスリクエストフォーム(PDF)

TABER社の環境対応

RoHS指令への対応

Taber社の試験機器は、RoHS-2に準拠しています。

欧州議会の有害物質制限 (RoHS) 指令 2002/95/EC および指令 2011/65/EU (RoHS-2) は、特定の有害物質が 7 月 1 日以降、電気および電子製品に定義されたレベルを超えて存在してはならないことを規定しています。

TABER社では、使用中の可能性のある免除された材料を置き換える実行可能な代替品のテストを続けています。代替材料を特定できず、現在免除 7(a) または 7(c)-I を使用している材料の適切な代替品として認定できない場合、第5条および付属書Vで定義されている免除を更新するための申請書を準備して提出します。

SDS(MSDS)
vacation

〜Information〜

インボイス制度に対応した適格請求書がダウンロード頂けるようになりました。

電話でのお問い合わせは

042(571)8822

受付時間 平日9:00-16:00


ご注意

==================
現在コネクタなどの樹脂を含む製品は納期を要する状況となっており、お取り寄せ商品は4か月以上お待ち頂く状況でございます。