•         

その他


落砂試験


TABER社の落砂試験機は、ペンキやラッカーその他の有機コーティングの摩耗耐性を測定するのに使われる一般的な装置です。ガイドチューブを通って研磨粒を落とし、下地が見えるまでテスト標本に衝突させることによって摩耗試験の結果が得られます。

振動試験


TABERの振動摩耗試験機は、振動する砂のテスターとしては最も良く知られています。振動砂を使った透明なプラスチックやコーティングされたものの摩擦耐性のテスト方法であるASTM F23の記述によれば、この摩耗試験機は、表面を摩耗したり傷つけたりすることによって、相対的な摩耗耐性を計測するのに使われています。 窓やレンズに使われている透明な材料やコーティングされたものを評価するのが主な使用用途ですが、有機的な塗装をされたものやコーティングされたもの、プラスチックや金属、その他の素材にも応用できるでしょう。


クロックメーター


TABER社のクロックメーターは、例えば布やじゅうたん、糸や革などの繊維材料からの色移りの量を、素早く正確に測定する方法を提供します。また、平らな標本の摩擦やひっかき、傷つけなどを評価するのにも用いられてきました。それに加え、プリンターやコピー機で印字されたイメージ上で、しみや汚れを処理する際の耐性テストを行う際にも使われています。また、標本の素材にかかわらず、湿式・乾式いずれのテストも行う事ができます。


帯紐摩耗試験


TABER社の帯紐摩耗試験機は、シートベルトや安全ひも、固定用具、ハーネス、ヘルメットのストラップ、その他の帯紐製品の摩耗耐性を測定するのに使われています。この試験機でテストできるのはナイロン、ポリエステル、革、ポリマー、柔軟な敷布素材などです。





Heaby Duty試験機


TABER社のヘビーデューティ試験機は、より大きな負荷をかけたテストや長い期間に渡るテストを要求されるような頑丈で長持ちする表面仕上げの製品の材料特性を測定する為に使われます。直径2インチのユニバーサルアタッチメントと「スコッチプライド」という摩耗パッドが取り付けられ、このヘビーデューティ試験機は、摩耗パッドでごしごし洗った時のコーティングの耐性を計測するのには理想的です。