•         

クロックメーター



摩擦による色移りを測定します
クロックメーターは摩擦によって繊維材料から他の表面に移る色の量を測定する為に一般的に用いられる比較的シンプルな摩耗試験機です。 また、プリンタや複写機で作成されたイメージの、しみや汚れに対する耐性を測るのにも使われています。 塗装やコーティングにおいても、摩擦や引きずり、傷つけなどによる光沢の変化を評価する際に役に立ちます。

使い方は簡単で、頑丈なデザインは再現性のあるテストデータを
提供します

テストサンプルは試験機の台座に固定され、標準のクロッキング布はΦ16mmの"アクリル製摩擦指"になっています。 900gの負荷で、アームの動きに合わせて約100mmの長さを縦走します。

確立された尺度は評価を平準化し、再現可能な結果をもたらします
繊維素材のテストが終わると、クロッキング布は、しみや色移りの尺度であるAATCC Gray Scaleと比較されます。 この比較に基づいて、オペレーターは色の変化や色移りの等級を与えることができます。