•         

帯紐摩耗試験



帯ひもやベルトの素材の摩耗耐性を評価します
繊維の帯紐は安全ベルトや固定用ハーネス、ヘルメットのあごひも等に使われ、荷物を縛るのにも用いられます。 長さの調節や普段の使用によって、時間とともに摩耗のダメージが生じたり、傷がついたりします。 この帯紐摩耗試験機は摩耗試験を行うのに費用面で有効な方法を提供します。 同梱されているおもりで、ASTM D6770に沿って13,500N以上の引張強度をテストできるようになっています。

研究施設でフィールドでのダメージをシミュレーションします
標本の末端におもりを装着し、六角摩擦バーと呼ばれるスチール製の六角形の棒によって一方向で水平に摩擦を与えます。 明示されたテストサイクルが終わると、強度が維持できている割合を算出します。 摩耗試験を受けていない標本と比較すれば、その素材がいかに摩擦に強いかを知る事ができます。

確立された試験手順に基づき機器は独特な形状をしています
六角摩耗バーは12インチ(約305mm)あり、同時に3本の標本をテストすることができます。 つまみねじによって、六角摩耗バーを素早く交換することができます。 標本ローラーは摩耗バーに対して標本を85±2度の角度を確保しています。 固定金具は右側にも左側にも標本を装着することができます。